« クリスマス大作戦 | トップページ | 【映画】 フォーン・ブース »

2005-12-25

プロムス ラスト・ナイト・コンサート

「プロムス」の正式名称は「ヘンリー・ウッド・プロムナード・コンサート」。
今年で111年目を迎えたのだとか。
7月15日に開幕した2005年のプロムスは、2ヶ月間、70以上の公演を経て、9月の第2土曜夜に「ラスト・ナイト・コンサート」でもって閉幕しました。
この最後のコンサートの様子が昨日NHK-BShiで放送されていたので、なんとなーく見ていたら、終ったのは深夜2時少し前。夜更かしもいいとこです。"A^^;
(時期的に再放送だったのかな?)

このコンサートで必ず演奏される定番曲のひとつに、エルガーのマーチ『威風堂々 第1番』がありますが、これに歌詞をつけたのが『The Land of Hope and Glory』といって、英国では第2の国歌と言われています。
コンサート会場であるロンドンのロイヤル・アルバート・ホールのほか、今年はハイドパーク、マンチェスター、グラスゴー、スワンジー(ウェールズ)、ベルファースト(北アイルランド)に数万人が集まったそうで、観客がユニオンジャックを大きく振りながら合唱する様子は、TVで見ていても感動するものがありました。
1度で良いから、その中に入って一緒に歌ってみたいものです。

会場で振られていた国旗をザッと見る限りでも、英国の各種国旗は当然のことながら、フランス、ドイツ、イタリア、オランダ、フィンランド、デンマーク、アメリカ、カナダ、ブラジル、オーストラリア、それから日本の日の丸までありました。
英国内の一イベントでありながら、様々な国の国旗が振られての合唱というのは、まさに「音楽に国境はない」の世界です。良いですよね、こういうの。

エルガーの行進曲のほかにも、定番曲は多数。
いずれも愛国心溢れるプログラムで構成されています。
いささかそれが過剰気味な気がしないでもありませんが、学校での国歌斉唱や国旗掲揚ですら社会問題になるような、極めて愛国心に薄い国で過ごしていると、ちょっと羨ましいなぁと思ったりするのでありました。

|

« クリスマス大作戦 | トップページ | 【映画】 フォーン・ブース »

コメント

初めまして。
ラストナイトに毎年出演してるオーケストラを
応援してるので記事を検索で見つけて
嬉しくなってトラックバックをさせてもらいました
ところでラストナイトですが・・
再放送ではないんです・・。
2003年から生中継で放送しなくなってしまって。
ラストナイトで演奏される定番曲は
確かに愛国心がちょっと過剰な気もするけれど皆がまとまって合唱する姿はいいなと思います。

投稿: dokichi | 2005-12-30 08:21

>dokichiさん
コメントありがとうございます。

記憶が定かではないんですが、昔、ローマのホテルのTVで、ラストナイトらしきコンサートの放送を見た憶えがあるんですよ。
それが12月24日、イヴだったんですよね。
「威風堂々」や、映画『サウンド・オブ・ミュージック』の「Climb Ev'ry Mountain」が歌われていたのが印象に残ってます。
だから、ワタクシ的にはクリスマスの放送でもなんら違和感がなかったりするんですが、そうですか、あれが初めての放送でしたか…。

私、毎年見ているわけではないんですが、あの光景はホント、良いですよね♪

投稿: みどら | 2006-01-01 01:06

私は1999/2000/2001と三年連続でプロムス/ハイドパークへ行きました。何故これほど過剰と思えるほど盛り上がるのか?プロムスがチャリティコンサートだからです。自分達が楽しむ事で不幸な人を救えるから盛り上がるのです。6月から9月までチケットにはチャリティーの文字があります。今回の東北関東震災にこのようなコンサートができたらすばらしいと思います。

投稿: Tsuruturu | 2011-04-02 14:01

Tsuruturuさん、コメントどうもありがとうございます。

プロムスはチャリティコンサートなんですか。
それが定期的に続いているのは素晴らしいことですね。

東日本大震災関連では、さっそく地元金沢(石川県立音楽堂)で
仙台フィルを招いてのチャリティコンサートが開かれるそうです。
地元のオーケストラ・アンサンブル・金沢との共演だとか。
プロムスに比べたら規模はとっても小さいですが、
良い取り組みだなぁと思いました。

平日夜の開催なのでちょっと難しいんですが、
何とか都合がついたら、行ってこようと思っています。

投稿: みどら | 2011-04-03 00:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クリスマス大作戦 | トップページ | 【映画】 フォーン・ブース »